人から人へと受け継がれる無形文化財

江州音頭は、豊郷町民の後世に伝えるべき
無形文化財として、「絵日傘踊り」「扇踊り」の形で保存・継承され、この地域に強く根づいています。現在では、様々なテーマのもと、各地でイベントが開催されています。

江州音頭フェスティバルinしが

7月10日(日)、「江州音頭フェスタinしが2016」に参加しました。今年は守山市のmolive(モリーブ)での開催となりました。

八日市聖徳まつり

7月23日(土)に「第47回八日市聖徳まつり」に参加しました。多くの団体が参加し、盛大に開催されました。

とっとまつり

8月6日(土)、豊郷小学校旧校舎群にて開催されました「2016とっとまつり」に豊郷町江州音頭保存会が参加しました。  江州音頭発祥の地らしく、総踊りにはたくさんの方が参加され盛大なお祭りとなりました。


江州音頭フェスティバル京都大会

8月4日(木)、京都市勧業舘(みやこめっせ)にて開催されました「第35回江州音頭フェスティバル」に豊郷町江州音頭保存会が参加しました。 豊郷町からは、よいとちゃんも参加しました。

観音盆

8月17日(水)、豊郷町千樹寺で観音盆が開かれました。


豊郷小学校・日栄小学校運動会

10月15日(土)、両小学校グラウンドにて開催されました「運動会」に豊郷町江州音頭保存会が参加しました。

ページトップへ ページトップへ

ホームイベント